クレジットカードの審査


よく総合ス−パーの入り口のところで、”即日発行”でクレジットカードの受付をやってますよね。以前から思っていたのですが、あれって、どうやって審査しているのかなぁ?どうやったら最短30分で発行出来るんでしょうか?

実は統計のデータ解析なんですって。
まず、カード申し込み用紙に記載してもらった基礎データから、ある程度の信用力については把握出来るので、あとは最後の裏付をとる作業をこの30分の間に行っているとのことです。

私は、てっきりこの間に本部で信用機関のデーターベースか何かにアクセスして、個人の記録を調べたりするだけかと思っていたら、それに加えて記載された電話番号が実在するかを、時には実際に電話をしたりして、確かめているんですって。また、この時重要なのは、誰かが電話にでるということではなく、電話が掛かるかどうか、即ち実在する番号かの方だとのことだそうです。

こうしたテストのマトリックスを何通りか持っていて、幾つクリア出来たら、このお客は大丈夫とか、危ないとかを過去のデータの分析結果から割り出して、信用力を判定しているとことです。どういうテストを行うか、これがどれだけクリアできれば信用力があると判断できるのかといったことが、それぞれの企業のノウ・ハウだそうで、これを持っているところでないと、こうしたことは出来ないので、こうしたノウ・ハウを活かし、他のカード会社のカード発行を外注で受けているカード会社もあるそうです。

こういうところがある一方で、審査に2〜3週間かかる会社もある訳ですから、要は何に重点を置いてお客にアピールするのかという点で、カード会社それそれの特色があるようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90809170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。